葬儀がbusinessかしてきている

最近では葬儀がbusiness化してきているということがいえるかもしれません。今までは葬儀というと一種の宗教的な行事という感が強く、依頼するお坊さんも地域で決まっていて、葬儀の内容も地域で決まっているということがありました。ですから、葬儀にかかる費用もかなり大きな額となっていました。
ですが、今はネットが登場したことで、葬儀もbusinessのように選べる時代となり、コスト競争というものが始まったといえます。無宗教で葬式をすると費用が断然違うので、これを考えてネットで検討するというようなことも行われるようになってきているのです。一昔前にネットで法事などを依頼できる出張お坊さんのサービスが話題となってしま下が、最近ではお葬式もネットで選べるシステムが普及しているのです。これだと遺族間の宗教的な違いによるトラブルも避けることが出来ますし、その後の宗教的行事を無くして、コストダウンにつながるということで、これを選ぶ人も増えています。

葬儀業界は、世界に類を見ない程の高齢化社会が20年以上にわたって更に加速するとされ、その為旨みの多い業種として異業種からの参入企業が増加している一方で、年々費用の総額の平均が下落しています。原因としては、政府の景気対策の失策による経済不況の長期化や国民の著しい仏教離れなどがあげられますが、元々宗教に対する依存度が非常に低いことが1番の原因とされています。キリスト教徒やイスラム教徒、ゾロアスター教徒にしても生活の根幹に宗教の教義が存在し、キリスト教徒が多い韓国では生活の根幹を儒教の教義が支配していますが、日本人の生活の根幹には宗教の教義が介在していないとされています。その為、日本の葬儀の形態は生活スタイルの変化や経済状況、社会情勢に合わせて、風葬や鳥葬から土葬、火葬と時代毎に変化し、現在は樹木葬や海洋葬など自然の大きなサイクルに還っていく葬儀の形態が広く認知され、実際に年々実施数が増加しています。

<PR>内職 アルバイト / 貯蓄 / 女性の人生 / 童話 / 超SEO対策 / ショッピングカート / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 工務店向け集客ノウハウ / 家計見直しクラブ / アフィリエイト相互リンク / 英語上達の秘訣 / GetMoney / クレジットカードの即日発行じゃけん / 女性向けエステ.com