なぜお葬式までには時間が必要になるのか

お葬式というと、ご近所の方々、ご親戚の方々が駆けつけてくれる、遠方から参列してくれるものとなっており、とても重要な儀式の一つですが、お葬式をしっかりと行うまでには、どうしても確認をしておかなければならないことがあります。

これは、少し怖く、悲しく、またあまりにも苦しい話ですが、以前までは「亡くなった方の遺体をそのままにしておくのは良くない」と、現在よりも早く、お葬式が行われていました。

ただ、医学の進歩などと同時に、昔からの言い伝えなどがあったように、死後であっても、ある程度一定の期間を経過した後でなければ、絶対に棺桶などに亡くなった方の身体を入れてはならない、とされています。

これは、実際に稀にある話である、とされており、そのために医学的にも注意喚起がされていることですが、「亡くなった後にも稀に生き返る」ということがあるためです。
そのために、昔では、埋葬されてしまった後に、酷く苦しんだ爪の跡などが棺桶に刻まれていたなど、このように生き返ってしまう、という意味合いがあるため、一定の時刻を過ぎて、死が確実になってからでなければ、お葬式は行わない、とされているのです。