葬式の時の服装

葬式に参列する場合、基本的にブラックフォーマルを着用することになります。基本的に地味な服装を心がけることが大切であり、アクセサリーなどは控えるようにしましょう。最近では服をレンタルできることもありますが、突然の訃報に慌てないためにも一式揃えておくのがおすすめです。冬場は喪服の上からコートを着用することになるでしょう。一般的には会場の建物内に入る前に脱ぐようにしますが、焼香の場所が屋外などの場合は焼香の時のみコートを脱ぎ、それ以外は着用していても問題ありません。ちなみに、皮製のコートなどは殺生を意味し、死を連想させるので着用しないようにしましょう。男性も女性もアクセサリーは控えることが大切であり、結婚指輪以外は基本的に外しておくことが望ましいです。また、女性の場合は濃いメイクやネイルなども控えましょう。髪の毛が長い場合は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめることがポイントであり、パールのネックレスを身に着ける場合は1連の物にする必要があります。