葬儀の火葬後について。

葬儀の当日に埋葬する場合以外は遺骨は「精進落とし」を行ってから自宅に戻り、そして四十九日の忌明け法要まで「後飾り」と呼ばれる祭壇に安置します。遺族は忌明けまでの期間毎日灯明を行い、そして、線香をあげて故人の冥福を祈ります。具体的には火葬場から遺族・親族が式場に戻ってきた際にまず塩と水で清めます。その後、初七日法要を行います。この、初七日法要は最近では葬儀当日の「遺骨の迎え法要」と一緒に行われる事が多いです。理由としては遠隔地の人に配慮からです。その後に、精進落としを行います。かつては忌明けまでの間、遺族は肉・魚を食べないのが習わしでした。その期間が終わり通常の食生活に戻すのが精進落としです。最近では精進落としを、葬儀でお世話になった人に対してもてなす場合もあります。祭壇には「香炉・燭台・供花・供物」を置き、「位牌・遺骨・遺影」と一緒に飾ります。後飾りの祭壇は、四十九日の忌明けの期間まで設けます。