葬式は故人とのお別れの儀式

突然のお別れや病気でのお別れ、家族や親しい友人とのお別れはどんな時にでも大変辛いものです。
悲しみを堪えつつ故人との最後のお別れする事、それはお葬式をすることです。
お葬式をする事で残された家族の気持ちに区切りがついたり、
弔問して下さった方々と故人の話をすることで家族の気持ちに整理がつくこともあります。
今はお葬式にもいくつかの種類があります。
家族葬や一般的なお葬式、葬儀会社とよく相談した上で決めていくことが大切です。
何よりも大切なのは故人が嬉しがってくれるお葬式のやり方はどれなのか、
生前話をされていた方はそれを参考にしながら決めていけばスムーズに段取り等を進めて行かれます。

また弔問に訪れる人は長居はせず、お悔やみの言葉をかけたらその場を後にして下さい。
積もる話があるかもしれませんが、ご家族は悲しみの中にいます。
その心情を汲み取ってまたご家族の気持ちが落ち着いてきた時訪問して下さい。
悲しみを分け合うことも、遠くから見守ることも大変必要なことです。