お葬式の一般的な流れ

一言でお葬式と言いますが日本で最も多い仏式の場合、ここにはお通夜・葬儀・告別式と3つの行事があります。お通夜は本来葬儀や告別式の前夜に遺族や親族、故人に近しい方々が集まり夜通し故人に付き添いお線香や蝋燭を絶やさない儀式なのですが、最近は一般の参列者を迎えて1時間~2時間ほどで法要を営み通夜ぶるまいを行い終わる半通夜が行われることが多くなっています。ただしその後も遺族等は故人に付き添い次の日までともに過ごします。そして次の日は葬儀・告別式を執り行うのですが、葬儀では主に僧侶の読経と遺族、遺族・参列者のお焼香、弔辞の披露を行いそのまま告別式へと続きます。告別式では故人のご遺体にお別れをするために僧侶の読経や遺族参列者のお焼香等を行い出棺を迎える事となり、一般の方はここで帰宅します。その後遺族や近親者はそのまま火葬場での火葬・骨上げ、還骨法要、繰り上げ初七日の法要を済ませ、精進落としを行います。これが仏式の一般的なお葬式の流れとなっています。