葬儀でお付き合いいただく範囲

人が亡くなると、お通夜、告別式を執り行いますが、その後の葬儀関係はどこまでお付き合いしていただくかで迷うことも多いはずです。
参列していただく人たちの時間をいただくこととなり、皆さんにはお仏前なども用意させることにもなるからです。地域によっては、塔婆を立てるなどということもあります。
初七日は、最近ではご葬儀と一緒に済ませることも多いので、改めての行事ということはありませんからいいとして、四十九日法要は、亡くなった方が仏様に仲間入りする日ですから、親戚などにも参列していただくのがいいでしょう。親戚の範囲にもよりますが、生前親しくしていただいていた人たちには声を掛けたらいいのです。
そして、一周忌、三回忌までは、同じようにお願いをします。
七回忌、十三回忌となると、極く身内だけで執り行うということにしても差し支えはありません。そのときに、問い合わせがあるようであれば、こじんまりと行う予定でしたが、ご参列いただけますかとお聞きして、決めれば大丈夫です。