葬儀と法要について

葬儀や四十九日法要が終了した後は、年忌法要を行うのが一般的です。
年忌法要とは故人が亡くなってから節目となる年に行うもので、一年後の一周忌、二年後に実施する三回忌、六年後に行う七回忌などがあり、その後も十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌と続き、三十三回忌で弔い上げとするか五十回忌とするかは宗派によって異なりますが、基本的には遺族の判断に委ねられます。
一周忌の翌年が三回忌となるのは、仏教では亡くなった年を一回忌と数え、翌年が二回忌、二年後が三回忌となるためです。一方、亡くなった年の翌年の法要を一周忌と呼ぶのは、身内が亡くなってから一年間は行動を慎むと同時に忌み清める必要があるとされ、一年経ったことを一周経過したと解釈し、一周忌と呼びます。このため、一周忌と二回忌は同じものですが、法要は一周忌と呼ばれるようになっています。
宗派によっては五十回忌まで行うケースもありますが、近年は負担を考慮し三回忌や七回忌で区切りをつけ、その後何もしない人も増えています。