葬式に行く時は

子供を葬式に参列させる場合、制服を着用させましょう。制服が無い場合は暗い色の服装が望ましく、明るい色の服や髪飾りなどは避けることが望ましいです。新生児や乳児用の場合は白い服装にすると良いでしょう。忌明け法要では喪服に近いものを着ることになりますが、一般的には地味な平服で問題ありません。一周忌、三回忌と回を重ねるごとに喪の表現を少なくしていくことになりますし、ネクタイや靴下なども派手なものでなければ黒にする必要はありません。女性は色無地の着物に黒帯という服装にするか、地味なワンピースやスーツなどで良いでしょう。アクセサリーは目立たないものならつけても構わないのですが、三回忌くらいまでは略式喪服を着た方が無難です。最近では葬式や告別式よりも通夜に参加する人が増えています。仕事が終わってから通夜に参加する場合、黒い服でなくても派手な服装でないなら問題ありません。男性の場合は特に職場からかけつけることも多いかもしれません。そのような時は派手なネクタイは避けることが大切であり、駅の売店や葬祭場などで黒のネクタイを購入しましょう。